So-net無料ブログ作成
検索選択

音俳句:紹介されました。6月つぼみ?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。6月つぼみ?。


「暑苦し寝言でぶつぶつ夏の妻」

夏井先生のお言葉

■「今月の音」がそう聞こえましたかシリーズ「暑苦し寝言でぶつぶつ夏の妻/飯田屋飛躍」←ははは!【隣でぶつぶつ言われると余計に暑苦しくなります】というその気持ちが、「暑苦し」「夏の妻」の季重なりで表現されたのか(爆笑)。




また季語を2つ使ってしまいました。
夏井先生、ごめんなさい。





川柳の募集です。

P6073693_1.jpg


P6063687.jpg


P6063690.jpg


P6063691.jpg


P6063692.jpg

音俳句:紹介されました。6月つぼみ?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。6月つぼみ?。


「和尚来て説教かます夏の午後」


夏井先生のお言葉は以下の通りです。

■「今月の音」がそう聞こえましたかシリーズ「和尚来て説教かます夏の午後/飯田屋飛躍」←ははは!外国語だったように思ったが、ありゃ、「和尚」だったのか。んで、「オマエみたいな悪どいヤツは死んだら地獄にいくぞ」なんて「説教」かましてたのか(爆笑)。


もうすぐこの企画も終わってしまいます。
寂しいです。

音俳句:紹介されました。5月3分咲き?(2)。 [俳句]

音俳句:紹介されました。5月3分咲き?(2)。

「子宝に恵まれ春の鳥居立つ」


夏井先生のお言葉は以下の通りです。

■今日のプチ俳句講座「子宝に恵まれ春の鳥居立つ/飯田屋飛躍」←「今月の音」のどこからこの発想になったんだろうと思いきや…【拍子木はめでたいことと思い、子宝に恵まれるのは最大の喜びだったので結びつけました。】なーるほど、そこでしたか。「春の鳥居立つ」となると、鳥居自身が子宝に恵まれたみたいにも読める?ので、ここは「子宝に恵まれ春の鳥居かな」と詠嘆してもいいですね。


Olympus SH-25MRの写真です。

P5022959.jpg


P5022961.jpg


P5022962.jpg


P5022963.jpg


音俳句:紹介されました。5月3分咲き?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。5月3分咲き?


「恋愛の一人相撲でうららなり」


夏井先生のお言葉は以下の通りです。

今日のプチ俳句講座「恋愛の一人相撲でうららなり/飯田屋飛躍」←「一人相撲」に対する「のどか」という季語が、可愛い恋愛を思わせます。中七「~で」という助詞が、散文的な響きですので、これを「の」と変えると、韻文らしい響きになります。【片想いばかりの恋愛でも、今思い出せばのどかなものでした】と語る飯田屋飛躍さんです。


音俳句ももうすぐ終わってしまいます。
残念です。

音俳句:紹介されました。4月3分咲き?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。4月3分咲き?。


「チューニング音が直って春が来る」


夏井先生のお言葉は以下の通りです。
「チューニング音が直って春が来る/飯田屋飛躍」←【人生もチューニングしたら良い方向に向かいそうな気がします。どうすればチューニングできるかわかりませんが。】と語る飯田屋飛躍さんは、なるほど、単純な「チューニング」ではなく、そこに人生のイメージも込めたかったわけですね。その意図において「春が来る」という季語を選択したのは佳かったと思います。

音俳句:紹介されました。3月5分咲き?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。3月5分咲き?。

「鬱鬱をラジオの音で消した春」

夏井先生のお言葉は以下の通りです。

「鬱鬱をラジオの音で消した春/飯田屋飛躍」←【静寂で負のスパイラルになるので、ラジオの音で救われます。】そうか、「ラジオ」の効用ってのは、そんなところにもあるんですね。私にとって、心に巻き起こる負のスパイラルを切り崩してくれるのが、俳句。ワタクシの人生、ほんとに俳句に救ってもらってきました。


今週も明日からなんとか行きたいと思います。

安倍首相の企みである「簡単に解雇可能」な法案がボツになることを願っています。

音俳句:紹介されました。3月3分咲き?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。3月3分咲き?。


「ラジオからぶつぶつ聞こえ春が来る」


夏井先生のお言葉は以下の通りです。

「ラジオからぶつぶつ聞こえ春が来る/飯田屋飛躍」←【春になると外に出て散歩しながらラジオを聞きます。】という飯田屋飛躍さん。「ラジオから」聞こえてくるので音楽ではなく「ぶつぶつ」という音だというのが可笑しいな~。でも、その音の向こうに「春」を感じ取れるのが俳人だもんなあ~♪




昨日は家族でドラえもんの映画を観てきました。
公開初日だけに満員御礼でした。
私は居眠りしてたら問題が解決していました。
クライマックスを見逃したようです。
残念です。

P3091200.jpg


花粉+黄砂+PM2.5、外に出られなくなります。

音俳句:紹介されました。3月つぼみ。 [俳句]

音俳句:紹介されました。3月つぼみ。

「プロポーズぼそぼそ言って過ぎる夏」

夏井先生のお言葉は以下の通りです。

「プロポーズぼそぼそ言って過ぎる夏/飯田屋飛躍」←ははは!最後の「~過ぎる
夏」という表現で、首尾がどうであったか、読み手にも伝わるところが巧いね。


お言葉をいただき、うれしいです。

音俳句:紹介されました。2月3分咲き?。 [俳句]

音俳句:紹介されました。

「雪降る日発泡材で舟作る」


夏井先生のお言葉は下記の通りです。

「今月の音」がそう聞こえましたかシリーズ「雪降る日発泡材で舟作る/飯田屋飛躍」←あ、そうか…「今月の音」=雪掻き?から「雪=発泡スチロール」を連想したってわけか?!そう考えると、ちょっと分かるなあ(笑)。【子供の頃に発泡材を削って舟を作ったことがありました。なぜか包丁で削っていて指を切って血だらけになりました。】ははは!って、笑い事ぢゃないよ…実に壮絶な遊びですなあ。



いまだに、そのときの傷が左手の親指に残っています。
間抜けな話です。

音俳句:紹介されました。2月つぼみ。 [俳句]

「かき氷いつでも食べるうちの子よ」

夏井いつき先生のお言葉は下記の通りです。
「かき氷いつでも食べるうちの子よ/飯田屋飛躍」←【いつでも半袖半ズボンのうちの子は冬でもかき氷が好です。】ううー、いかん、想像しただけで寒いよ、冷たいよ!今年の冬の寒さは、私の住む南国・松山にも押し寄せています。


今日の雪はたいしたことありませんでした。
でも、長靴で行きました。


P2060463.jpg


P2060467.jpg